美しさを求めて82年。21世紀も進化します。

美の文化の担い手としての誇り・化粧品容器分野の製造メーカー竹内工業株式会社

   ご挨拶

「常に最良の製品を造り、
         社会に奉仕する」

化粧品容器

「誠実をもって事に当たり、
     誠実をもって人に接する」

代表取締役

社長

化粧品容器

竹内工業経営理念の基に竹内工業は創立70年あまりの歴史を重ねてまいり
ました。歴史に積み重ねられた経験・技術を生かし、そして絶え間なく変化
・進化する文化・技術・環境そして国内外情勢など、多様化するニーズに対
応お答えするには、柔軟性有る対応力・瞬発力が重要であると考えておりま
す。
変化を続けるニーズ・環境に対応し「安心・信用・信頼」いただける製品・
技術を今後も変わらず造り続け提供してまいります。
私達、従業員ひとり一人の力を繋げ造り出した製品が、企業と企業を繋いで
お客様へと渡り、社会へそして世界へ羽ばたける製品を誠心誠意、天津工場
を含め全社全員一丸となり、チャレンジ・トライしていく所存です。

今後とも、大いなるご愛顧ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げ
ます。
                               敬具

2017年リフレッシュ夢工場見学会

毎年慣例のリフレッシュ夢工場見学会を行いました。
今年は以前予約できないところも行ってみたいという発想で5月に変更しました。
崎陽軒と見学コース変更されたキリンビール横浜工場へ行ってきました。
崎陽軒は3が月前から予約で、すぐに埋まっちゃうとても人気な見学工場です。
キリンビール横浜工場は試食を含む2時間くらいかかりました。
0512_4159.JPG 0512_4170.JPG
シュウマイの具材の説明を詳しく聞いています。
0512_4162.JPG 0512_4171.JPG
窓から製作工程を見ています。奇妙な運送機械がありました。
場内の機械を撮る事が出来ないので、ご想像を任せます。
崎陽軒のシュウマイが有名ですが、醤油の器ひょうちゃんも一つの名物 です。
いろんなひょうちゃんがありました。
0512_4173.JPG 0512_4175.JPG
下の段は昔ながらのシュウマイ弁当です。 現在のシュウマイ弁当は シュウマイの数が一つ多いです。
昔、機械が無いとき、職人はこの棒で具材を混ぜてました。
皆様体験してみた結果、結論;結構、重かったです。

今年から、見学コースを変更したという横浜キリンビール工場を見学。
0512_4180.JPG 0512_4188.JPG
写真を撮れば3Dになるイラストです。 ビンの下に立てば、小人がビールを注いでくれているような感じの 面白い画になります。
この道を通るとシュワって音がして、 ビールの泡を再現しています。
0512_4191.JPG 0512_4193.JPG
ビールを造る原材料の説明場面です。 仕込みの説明に興味津々
0512_4194.JPG 0512_4198.JPG
試飲会場です。 今回は3種類のビール試飲を準備してくれました。
一番搾り、一番搾り黒ビール、キリンビール横浜 。今日、一番盛り上がったところかもしれません。
今年のリフレッシュ夢工場の見学は無事に終わりました。
見学した工場から、学び生かせることがあったようです。
それと、リフレッシュも出来まして、これからも元気いっぱいで頑張れると思います。
広報担当

2017/8/31更新 |

2017,05 上海化粧品展示会

上海の中国美容展示会へのブーススタッフを兼ねて天津工場見学をしました。
天津はとても暑く湿度も高いことに驚き、あちらこちらに高層マンションが建っていて、
中国の大きさを感じました。
天津竹内では上海展示会への出発準備を手伝い、午後の残り時間で工場見学をしました。
組立ラインはもちろん、各現場を見学して工場内は5Sが行き届いていました。
上海へは一台のバンに展示機材と天津竹内の四名と我々二名の計六名が乗り込んで、
天津から高速道路を使って向かいました。
中国の高速道路は、ほとんどが三車線で広く路面状況も良く、第二東名に似ている様に感じました。
渋滞はほとんど無く、何度かパーキングエリアに寄り休憩しながらの18時間の旅。
パーキングエリアのトイレは予想していたより良く、「大」の方も個室化されていて安心しましたが、 個室化されているにもかかわらずドアを開けたまま用を足している人が居て驚きました。
展示会場に着いてからの準備は順調に進み、設営二日目には余裕を持ってブースが完成しました。
展示会開催中の天気は雨でしたが、規模が大きいのでとても多くの人で賑わっていました。
「日本」の文字を見つけて弊社ブースの製品を御覧になる方も多くいらっしゃいました。
ありがとうございました。
他の展示ブースはパッと見立派ですが、細部ではまだ意識が劣るかなと感じました。
また昼食時間帯ではブース内で堂々と昼食を取っているブースを見た時は驚きました。
上海の交通機関はとても発達していて、地下鉄は東京メトロの様に網の目に走っていました。
街には電動自転車(日本では電動スクーター)がとても多く走っていて、乗り捨て自由な
レンタサイクルが頻繁に利用されていました。
昔、私が北京へ行った時に見た中国とは凄く変わっていて変化の速さに驚きました。
人もお洒落な方が多くなり、服装や髪型、化粧も自由さを感じ、日本人とあまり変わらない印象を受けました。
2017052301.JPG 2017052302.JPG レポート: 秋山

2017/7/20更新 |