美しさを求めて83年。21世紀も進化します。

美の文化の担い手としての誇り・化粧品容器分野の製造メーカー竹内工業株式会社

   ご挨拶

「常に最良の製品を造り、
         社会に奉仕する」

化粧品容器

「誠実をもって事に当たり、
     誠実をもって人に接する」

代表取締役

社長

化粧品容器

竹内工業経営理念の基に竹内工業は創立70年あまりの歴史を重ねてまいり
ました。歴史に積み重ねられた経験・技術を生かし、そして絶え間なく変化
・進化する文化・技術・環境そして国内外情勢など、多様化するニーズに対
応お答えするには、柔軟性有る対応力・瞬発力が重要であると考えておりま
す。
変化を続けるニーズ・環境に対応し「安心・信用・信頼」いただける製品・
技術を今後も変わらず造り続け提供してまいります。
私達、従業員ひとり一人の力を繋げ造り出した製品が、企業と企業を繋いで
お客様へと渡り、社会へそして世界へ羽ばたける製品を誠心誠意、天津工場
を含め全社全員一丸となり、チャレンジ・トライしていく所存です。

今後とも、大いなるご愛顧ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げ
ます。
                               敬具

2018年 (平成30年)カレンダー

1月 2月 3月
    1  2  3  4  5  6              1  2  3              1  2  3
 7  8  9 10 11 12 13  4  5  6  7  8  9 10  4  5  6  7  8  9 10
14 15 16 17 18 19 20 11 12 13 14 15 16 17 11 12 13 14 15 16 17
21 22 23 24 25 26 27 18 19 20 21 22 23 24 18 19 20 21 22 23 24
28 29 30 31          25 26 27 28          25 26 27 28 29 30 31
4月 5月 6月
 1  2  3  4  5  6  7        1  2  3  4  5                 1  2
 8  9 10 11 12 13 14  6  7  8  9 10 11 12  3  4  5  6  7  8  9
15 16 17 18 19 20 21 13 14 15 16 17 18 19 10 11 12 13 14 15 16
22 23 24 25 26 27 28 20 21 22 23 24 25 26 17 18 19 20 21 22 23
29 30                27 28 29 30 31       24 25 26 27 28 29 30
7月 8月 9月
 1  2  3  4  5  6  7           1  2  3  4                    1
 8  9 10 11 12 13 14  5  6  7  8  9 10 11  2  3  4  5  6  7  8
15 16 17 18 19 20 21 12 13 14 15 16 17 18  9 10 11 12 13 14 15
22 23 24 25 26 27 28 19 20 21 22 23 24 25 16 17 18 19 20 21 22
29 30 31             26 27 28 29 30 31    23 24 25 26 27 28 29
                                          30                  
10月 11月 12月
    1  2  3  4  5  6              1  2  3                    1
 7  8  9 10 11 12 13  4  5  6  7  8  9 10  2  3  4  5  6  7  8
14 15 16 17 18 19 20 11 12 13 14 15 16 17  9 10 11 12 13 14 15
21 22 23 24 25 26 27 18 19 20 21 22 23 24 16 17 18 19 20 21 22
28 29 30 31          25 26 27 28 29 30    23 24 25 26 27 28 29
                                          30 31               

2018/1/09更新 |

ISOかべ新聞 第226号 2017年10月3日発行

     
kabe226s.jpg   ★特集:ISO更新審査
               審査レポート

◎審査プログラム
◎トップマネジメントからのコメント
 ・今回審査での記すべき変化
  1)内部環境の変化
  2)外部環境の変化
 ・部門部署への「改善の期待」について
 ・リスク及び機会への取組み確認
◎改善の種(要検討事項)
◎優良事項
 

2017/12/14更新 |