美しさを求めて84年。21世紀も進化します。

2019年 工場見学

2019年 工場見学

   
今年も、リフレッシュ夢工場が開催されました。
見学コースは、ファンケル美健 千葉工場、東薫酒造でした。
ファンケル美健 千葉工場見学
ファンケル美健 千葉工場では、無添加化粧品を製造しています。
弊社の社員も使用者が多いようで、みんな興味津々です!!!
見学途中で、クイズもあり(正解者には景品有)、楽しく見学ができました。 充填ラインは普段、中々見ることがなく、新鮮で、クリーンな環境には驚きました。 クリーンルーム 空気中の微粒子が少ない部屋。 ... 例えば、0.5μm微粒子が1立方フィートのなかに100個以下の場合はクラス100 ファンケル美健 千葉工場は【クラス100でした】 安心して使用できますね。
● 座学の様子 ● 見学の様子
見学2件目は、東薫(とうくん)酒造へ
酒造についた途端、試飲の誘惑が… イヤイヤ!!!まずは、勉強です!

タンク容量と金額
  
江戸初期(1661~73年)に伊能三郎右衛門…  そう!
あの、誰もが知っている伊能忠敬(日本地図を歩いて書いた人)の先祖から
70石の酒造株を買い受けて始めたそうです。創業 文政8年

お酒には、購入者皆様の酒税がかかっています。
造る人は、米から搾れる量を計算していますから、造っている時に1杯やろう!なんてできません。(当たり前ですが)
それだけ、慎重に、責任を持って造られていると勉強になりました。
特に大吟醸 【叶】は、手作業の日本酒です。
山田錦を35%以下の精米で酒袋しぼりでゆっくりと時間と手間をかけた自信作
ほぼ、手作業で手間隙かかっていると、説明していました。

夢という大吟醸もあり、夢と叶を飲めば、【夢、叶(かなう)】なんて…
案内の方が、上手くまとめ、盛り上がり、皆の購買意欲が一気に上がった気がしました(笑)
トークの勉強になりました。

叶は試飲1杯300円 (他は無料)
1800mlで 10,8000(税込み) 高っ!

しかし、平成30酒造年度(令和元年)の「全国新酒鑑評会」で
「金賞」を受賞したそうです。(高さに納得)
20190510-8.jpg
今回も、様々な場面から【学び】の多い、工場見学となりました。

2019/6/21更新 |